米国ビザとは

3ヶ月以上の滞在には

入国審査として米国ビザの発給をうけなければ、誰も米国へ入国はできません。

そもそもアメリカ永住権(グリーンカード)などの移民ビザを所持していないのなら、
米国ビザを発給してもらうことになります。

これを非国民ビザと呼び、AからRまでその種類が分かれています。

日本と米国は日米通商条約で観光などの為の短期滞在にビザは必要ないとされますが、
長期にわたる滞在には必ず米国ビザの発給をうけなくてはなりません。

特に日本での発給申請が多い物に、留学ビザ、商用ビザ、短期就労ビザ、
企業内転勤びざなどがあり、それぞれには決められた約束事が付随されています。

個人で米国ビザ発給申請を行うこともできますが、
一度ビザ発給が却下されると、後の発行に大きな負荷が伴うようになるので、
米国ビザ発行申請は確実な元に委ねることが最適です。

発給までの猶予もまちまちですからこれらを熟知したプロに任せれば安心と言えるでしょう。

発給はアメリカ大使館または領事館で取得になります。

 

電子渡航認証システムを介し

米国へ渡るには非国民ビザか移民ビザが必要になりますが、
短期訪問はビザなし入国が可能になっています。

しかしこのビザ免除プログラムを使うには、
電子渡航認証システムで認証され、米国入国地で確認作業が義務になっています。

これは米国国土安全保障省のUS-VISITプログラムに登録される必要があるからで、
この条件の他にVWPパスポートの要件を満たしたパスポートの持参と
現地までの航空券や乗船券を持っていなくてはなりません。

ただし90日以下の短期間でも、観光や通過の目的以外の渡米には、
別に米国ビザの発給申請を行わなくてはいけません。

たとえば短期間の就労、宗教、etc等の要件で渡米する場合、
渡米内容に詐称があれば今後の米国ビザ発給がされなくなる恐れもあり、
VWPパスポート要件に値しない方は確実な米国ビザ取得が望まれます。

さらにVWPパスポートに値する方でも、
滞在期間に相当する有効期間のパスポートが必要なのも言うまでもありません。

米国ビザは米国に入国する外国人から国内の安全を保持するために設けられた関所と言えるのです。